石上真寛容疑者(津市の住職)を逮捕!Facebookやインスタ顔画像や写真と勤務先お寺はどこで名前は?

津市の住職が偽造の免許証を警官に示して逮捕されました。

この住職は津市の住職で石上真寛容疑者69歳です。

石上容疑者は事故を起こしたことから無免許をしていたことが判明いたしました。

ネット上では聖職者の起こした事件ということで批判的なコメントが投稿されております。

事故を起こすのは人がやってるんだからしょうがない
無免許で運転してたのが住職って…

釈迦に説法じゃ無いけど
人として間違ったことをしたときどうするべきか聞いてみたい

30年間無免許運転を続けた教頭がいるくらいだから、職業による先入観は捨てる時代になりましたね。

ネット上には厳しい意見がたくさんあるようです。

今回はこのお寺の住職が起こした免許偽造事件に関して取り上げようと思います。

石上容疑者の指名でフェイスブックやインスタやTwitterなどSNSを検索してみましたが本人と確定できるようなアカウントはなくこちらからの顔画像や写真などは確認できない状態です。

石上真寛容疑者(津市の住職)を逮捕!Facebookやインスタ顔画像や写真と勤務先お寺はどこで名前は?

今回の石上真寛容疑者の起こした免許偽造に関しては東海テレビなどがこのように報じております。


無免許で乗用車を運転し追突事故を起こしたうえ、警察官に偽造の免許証を提示したとして津市の住職の男が逮捕されました。

 逮捕されたのは津市香良洲町の住職・石上真寛容疑者(69)です。

石上容疑者は10月2日、松阪市内の道路で、無免許で乗用車を運転中に信号待ちの車に追突し、運転していた男性に軽いケガを負わせたうえ、駆け付けた警察官に偽造の免許証を提示した無免許運転過失致傷などの疑いです。

 石上容疑者は、去年6月、運転免許の取り消し処分を受けていましたが、事故処理を担当した警察官は偽造免許証を見抜けなかったということです。
出典:東海テレビ

事故処理をした警察官が見抜けなかったということで精巧な偽造免許をつくっていたようです。

しろうとではこのような本物と見まがうような免許をつくることは考えにくいのでどこかの犯罪組織にたのんで作成してもらった可能性もあります。

津市香良洲町が自宅住所のようで住職ということでこちらのアドレスにあるお寺が石上容疑者のはたらいているお寺の可能性が高いと考えられます。

津市の香良洲町にあるお寺を調べたところ2つの寺院が検索にヒットしました。

・浄現寺
・西方寺

浄現寺と西方寺が香良洲町にあるお寺ということで今回逮捕された住職の勤務先の可能性が高いようです。

しかし、自宅住所と勤務先が異なっていることもあるようなので他の津市市内のお寺の住職の可能性もあります。

詳細はまだはっきりわかっておりませんが警察の今後の発表を待ちたいと思います。

事故を起こしたのは三重県の松坂市なので松坂警察署がこの案件を処理しているようです。

石上容疑者逮捕のネットの反応

お寺の住職さんによる犯罪が目立ってますが、住職はある意味で聖職だということを自覚されていないのでは。全ての僧侶がと言う意味ではありませんが、やはり自己を高め人を導くのが僧侶であることを再認識し、犯罪や自殺や迷える人を助ける聖職であることに徹することを望みたいと思います。

二度とこういう事件が起きないように、今の運転免許証には必ずICチップが内蔵されているので、全ての自動車には運転免許証を読み取るためのカードリーダーと顔認識カメラで「運転承認」を設置しなければならないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です