佐賀北高の暴言「死ね」「辞めろ」のバスケ部監督教師は誰で名前は?偏差値や進学先は?

佐賀北高校で30代のバスケットボールの監督をしている教師が生徒に「死ね」や「部活を辞めろ」などと暴言をつかっていたことがわかりました。

この教師は部員に対してバスケットボールを投げつけたりしていたことも判明しております。

学校の体育会系の部活での体罰や暴言の不祥事が続いておりますが佐賀県でも起きたということで佐賀県の教育委員会はショックを隠し切れないようです。

SNSでも批判的なコメントが多数寄せられております。

毎回運動部の指導者ですね。

力でしか生徒を抑えられないのか

このように指導者である部活の監督に責任を求める声が多いようです。

その一方でどのような経緯でこのような体罰や暴言があったのか慎重に調べないと何とも言えないというような意見もあります。

今回は佐賀北高校で発生したバスケ部の体罰と暴言に関して取り上げます。

佐賀北高の暴言「死ね」「辞めろ」のバスケ部監督教師は誰で名前は?

佐賀北高校のバスケ部の不祥事に関しては西日本新聞が速報しております。


佐賀県立佐賀北高(佐賀市)の男子バスケットボール部で、監督の30代男性教諭が部員に体罰や暴言を繰り返していたことが同校への取材で分かった。

部は今夏も含めて全国高校総合体育大会(インターハイ)に22回出場した強豪。同校は教諭の部活指導を停止し、部員の保護者と県教育委員会に事実関係を報告した。

同校によると、10月に保護者から指摘があった。部員らへの聞き取りで、教諭は9月ごろから練習や試合中、複数の部員に対し至近距離でボールをぶつけたり、作戦ボードを投げつけたりしていたことが判明。

「死ね」「部活をやめろ」などの暴言も吐いていた。
出典:西日本新聞

30代の男性の教師が監督をやっていたようですが佐賀北高校はインターハイの常連校で負けられないという焦りやプレッシャーがこの教諭にはあったと推測されます。

昨年からバスケットボール部の監督に着任したとのことで上手くいかないような時に暴言や体罰を行っていたようです。

暴言も辞めてしまえなどは思春期の生徒に大きな心の傷を残す可能性もあり許せないとの声もネット上にはあります。

このバスケ部監督が誰なのかについてはまだ報道はありません。

名前や実名報道もなく顔画像や写真も流れてはおりませんのでそちらも情報が入り次第追記していきたいと思います。

偏差値や進学先は?

佐賀北高校は普通科と芸術科に分かれております。

普通科の偏差値は61で芸術家の偏差値は51となっております。

佐賀県内には105校の高等学校がありますがそのなかでは12番目に偏差値の高い高校です。

進学先は九州地区の大学が多いようで国立の佐賀大学には毎年30人以上合格者を出している名門高校です。

長崎大学や広島大学にも毎年合格者を輩出しており文武両立の高校として名を馳せております。

このような状況下でバスケ部は強豪校として知られており上位の成績が期待されていてその焦りから暴言や体罰が発生してきたのではと考えられているようです。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

名門高校も不祥事か

体育が強いだけじゃないんだな

実名報道しないと意味がない

チアガールには橋本環奈に似ている人物がいる?

体育系の部活が強い高校にはチアガールや吹奏楽部など応援部の活動も盛んです。

その中で橋本環奈さんに似ているチアガールがいるとの噂がありました。

いろいろなサイトに掲載されているチアの方ですがかわいいとコメントがたくさんありました。

こちらのチアガールの方の指名などのプロフィールは公開されておりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です