千秋凉祐容疑者(元三菱UFJ銀行勤務28歳)が逮捕!SNS(TwitterとFacebook)で顔写真(画像)と自宅住所さらに経歴を特定?

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

都市銀行の行員が在職中に睡眠薬を使った事件を起こしていました。

千秋凉祐容疑者28歳は初めて銀座の居酒屋であった女性の意識をもうろうとさせました。

その後自宅に向かい犯罪をしてしまったようです。

今回はこちらのエリート行員の犯罪についてとりあげてみたいと思います。

千秋凉祐容疑者(元三菱UFJ銀行勤務28歳)が逮捕!

FRIDAY DIGITALなどによると以下のように報じられています。

「昨年12月上旬に容疑者と被害者女性はマッチングアプリで知り合い、その後はLINEでやりとりをしていました。そして、事件当日に居酒屋で初めて会ったんです」(全国紙社会部記者)

7月11日にで警視庁に逮捕された元三菱UFJ銀行勤務・千秋凉祐容疑者(28)は実にこうかつだった。

千秋容疑者は昨年12月中旬に年上の30代Aさんと東京・銀座の居酒屋で会うと、酒にあるものを入れて飲ませた。それによりAさんの意識は混濁。その後、彼女は千秋容疑者の自宅にはいった。

「被害者の意識が完全に失われていないことから、使用されたのは比較的効果の弱い睡〇薬でしょう。医師に不眠を相談すれば、簡単に入手できます。彼らは、ネット上のマッチングアプリでは人気が高く、すぐに相手が見つかる。」(犯罪に詳しいジャーナリストの竹村明氏)

千秋容疑者の計算外だったのは、Aさんの勇気ある行動だった。翌日、おなかに違和感があった彼女はすぐさま築地署に相談。尿からある成分が検出された。さらに複数の防犯カメラに千秋容疑者とAさんが映っており逮捕となった。

「千秋は上智大学卒で語学が堪能なうえ、ITにも詳しかった。事件当時、彼は子会社の三菱UFJインフォメーションテクノロジーに出向していました。これは本人の希望でもあり、ITシステム分野での今後の活躍を期待されての人事だったそうです」(前出・記者)

出典:FRIDAY DIGITAL

エリート行員の犯罪が最近多いですね。
本当にこの日本は大丈夫か、という思いにかられます。

マッチングアプリを悪用している輩がいるので特に女性は注意が必要かもしれません。

SNS(TwitterとFacebook)で顔写真(画像)と自宅住所さらに経歴を特定?

千秋凉祐容疑のSNSを検索してみました。
TwitterとFacebookで調べてみましたが同一人物と考えられそうなアカウントはありませんでした。

報道でその姿はとらえられています。

逮捕したのが築地署ということで中央区に住んでいる可能性が高いと考えられます。

東京中央区

千秋凉祐容疑の経歴ですが大学は上智大学を卒業しています。
銀行のシステムを担当していたのでおそらく上智大学の理工学部に属していたと推測されます。

逮捕されたときは子会社の三菱UFJインフォメーションテクノロジーに属していてこれは本人の希望だったようです。

語学もできるエンジニアなんて将来有望な人材と目されていても不思議ではありません。

ネットの反応

今回の銀行の行員の不祥事に対してネットの掲示板がかなりざわついています。

肩書きもあるのにモテ無いのかって、意味不明。

同じようなケースが多発していますね。マニュアルが存在しているんでしょうか?

採用時点の銀行も人格までなかなか見抜けなかった。
いるだろう、他に。

厳罰化してほしい

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です