首里城火災原因は放火なら犯人は誰で名前と顔写真は?焚き火の噂なぜ?

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

沖縄県那覇市にある首里城が火事になりました。

正殿や北殿が全焼し何殿にも燃え広がっている情勢ということです。

琉球王国の時代に建てられた建立物ですが昭和8年には国宝になっております。

第2次世界大戦で焼失しましたが復元されて世界遺産にも登録されています。

今回は首里城正殿の火災の原因などに焦点をあわせていきたいと思います。

首里城火災原因は放火なら犯人は誰で名前と顔写真は?

今回の首里城の正殿と北殿の火災に関してはNHKなどが以下のように報道しております。


31日午前2時47分ごろ、那覇市首里当蔵町にある「首里城」から煙が上がっていると消防に通報がありました。

消防によりますと、城の中心的な建物の「正殿」などが激しく燃え、現在、消防車20台以上が出て消火活動を続けています。

警察によりますと、この火事で、「正殿」と「北殿」が全焼しました。

また、「南殿」など城内にあるほかの建物にも次々と燃え広がっているということです。

消防などによりますと、これまでのところ、けが人の情報は入っていないということです。

首里城は、琉球王国時代のおよそ500年前に建てられ、昭和8年に国宝に指定されましたが、太平洋戦争中の沖縄戦で焼失しました。

平成4年には「正殿」が復元され、その後、ほかの建物も順次復元されていて、平成12年には城跡が県内にあるほかの城の跡とともに「世界遺産」に登録されています。
出典:NHK

火災の映像はかなり衝撃的なものでした。

まっ赤に燃えるその姿を見て悲しい思いをしている方がたくさんいるようです。

なぜ今回の首里城で火災が起きたのかその原因がいくつか出てきました。

Twitterなどでは放火ではないのかとの意見がたくさん出てきているようです。

火災が起きたのが深夜で簡単には正殿などには近づけないので事件性も視野に入ってきております。

やはり深夜に起きた火災ということで放火などの事件性を疑う声が多いようです。

首里城は火の気がない上に延焼の仕方が激しく通常では考えにくいような燃え方をしているそうです。

放火かどうかの確定情報はまだありませんがもし犯人が捕まればどこのだれかそして名前などもすぐに記載したいと思います。

焚き火の噂なぜ?

首里城の正殿と北殿の前章に関してはなぜなのかという疑問が湧いてきます。

ネット上では焚き火などが原因なのではないかという声も聞こえてきます。

他にも10月27日から首里城祭というイベントが行われておりました。

その時に「万国津梁の灯火」という催しが行われる予定で1万本のキャンドルがともされるものでした。

そのキャンドルなどに今回の火災の原因があるのではないかとの声もあります。

いずれにしても火災の原因は鎮火してから沖縄県警や消防などが原因を探ることになります。

日本人なら誰でも知っている世界遺産の首里城が燃えてしまい本当に多くの沖縄県民はじめ日本国民が悲しい思いになっております。

これからの再建には時間がかかるかもしれません、城内にあった宝物なども焼失してしまった可能性も高いようです。

放火や焚き火の噂が飛び交っておりますが今後の警察等の捜査を待ちたいと思います。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

悲しい。
ショックです。

他のお寺も心配になってきました。
火災対策をしっかりしてほしいと思いました。

仮に放火だったらとんでもないことだと思うが、近年のニュースを見てると常軌を逸した人間も多いから、何が起こってもおかしくはない…未成年がいたずら半分で放火とかもありえる時代だから怖い

残念です。
再建を望みますが、20年はかかるんじゃないでしょうか。
再建する時は火災に対してしっかりとした対策をして欲しいです。

色々な人の想いによって再建された首里城が焼けたのは悲しい事だが
首里城の中に収蔵されていたであろう数々の品が失われたのは
本当に取り返しのつかない事で痛手だ
更に世界遺産の性格上城の復元を再建するというのも容易ではない
沖縄には本当に辛い日となってしまった

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です