常盤広明教授(立教大学理学部教授)が研究費を不正使用!Facebook顔写真(画像)や経歴と自宅住所は?

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

立教大学で研究費の不正使用が発覚しました。

常盤広明教授57歳が国の科学研究費を架空のアルバイトなどで不正に受け取ったというものです。

名門大学の出来事で社会的にも看過できない事件です。

今回は立教大学の教授の件についてとりあげたいと思います。

常盤広明教授(立教大学理学部教授)が研究費を不正使用!

NHK首都圏ニュースなどでは以下のように報じています。

立教大学は、理学部の教授が、実態のないアルバイトを雇用したなどとして、4年間に国の科学研究費などあわせて90万円あまりを不正に使用したと発表しました。

立教大学は、理学部に所属する常盤広明教授(57)が、昨年度までの4年間に、実態のないアルバイトを雇用したと申請したほか、実際には行っていない大学院生などが出張したとして、国の科学研究費など90万円あまりを不正に支出させたということです。

不正に支出させた研究費は、給料が出ない研究員の給料としていたほか、特別な手続きが必要な学部の学生の出張旅費にあてるなどしていたとしています。

また、知人の会合に自分の子どもとともに出席した旅費として、2人でおよそ9万円が支払われたケースがあり、大学は私的な流用にあたるとしています。

大学によりますと、調査に対して常盤教授は不正を認め、私的に流用した理由については「なぜこのようなことをしたのかわからない」などと話しているということで、大学は今後、処分を行うとしています。

立教大学は「大学の信頼を損なう事態が生じたことは遺憾だ。真摯に受け止め再発防止に全力をあげて取り組みたい」としています。

出典:NHK首都圏ニュース

常盤広明教授は少なくとも4年間以上にわたって国からの研究費を不正に受給されていたものと考えられます。

名門の立教大学の理学部の教授が起こした残念な事件です。

お金のことになると人間って魔がさしたりするんですよね。

常盤広明教授も最初は出来心からやってだんだん深みにはまっていったのかもしれません。

Facebook顔写真(画像)や経歴と自宅住所は?

Facebookを調べましたが同姓同名の人物が一人ヒットしました。

しかし、写真やプロフィールが全くないアカウントでした。

なので常盤広明教授のものとは確認できませんでした。

しかし、立教大学の研究者情報に教授の情報がありました。

所属は理学部 化学科で理学研究科の化学専攻博士課程前期課程と後期課程ということです。

出身地は神奈川県です。

研究分野は理論創薬、分子設計、インフルエンザなどだそうです。

なんだかむずかしそうですよね。

出典:立教大学研究者情報

経歴は静岡薬科大学の薬学部製薬学科を卒業しています。

そのあと1995年から立教大学で専任講師となり教授にまでなったということです。

顔写真はこちらにありました。
出典:予備校の教授紹介のページです。

自宅住所などの情報はまだ把握しきれておりません。

詳細は判明したら追記していきたいと思います。

ネットの反応

今回は立教大学という有名大学での不祥事ということでネット上でもいろいろな意見があるようです。

ネットユーザーの利用する掲示板から代表的なものを拾い上げてみます。

目的外使用には厳しくなってるのに、他に使い勝手の良い資金は無かったのだろうか。

学部生に旅費を出すって、連れていきたい学生でもいたのかなあと勘ぐってしまう。それなりの給料もらってるんだから、自腹で出せるでしょう。こんなはした金で、名誉や職を失って、ただのおっさんになるんだよ。

国と人々の役に立つ研究に大して支給するように運用を厳格化した方がいい

学生たちにはよい先生なんだろうなぁ。
でもルールは守らなきゃ先生なんだからアウトです。

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です