立教大学アメフト不祥事(女子マネージャ盗撮)の主犯格Aは誰で名前は?【週刊文春】火災報知器型カメラで動画撮影か?

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

立教大学のアメリカンフットボール部で女子マネージャーの盗撮が行われていたことが週刊文春デジタルの報道で明らかになりました。

先日慶応大学のアメフト部でも盗撮が話題になったばかりでまたかの声もSNSでは聞こえてきます。

立教の盗撮の不祥事は2015年から3年間も連続でおこなわれていたようで大学関係者の間にはショックが広がっているようです。

今回はこの立教大学のアメリカンフットボール部の盗撮不祥事に関して取り上げてみようと思います。

立教大学アメフト不祥事(女子マネージャ盗撮)の主犯格Aは誰で名前は?

今回の立教のアメフト部の風呂場ののぞきと撮影の不祥事について週刊文春デジタルでは以下のように報道しております。

第一の事件は2015年8月、19時30分~20時45分頃、山梨県内にある宿泊施設の女子風呂で起きた。アメフト部員A(当時2年)が夏合宿中の女子風呂をスマートフォンで動画盗撮。

B(3年)、C(2年)、D(2年)の4人が覗き行為と盗撮を行い、その後、4人はLINEで盗撮動画を共有したという(※議事録では実名)。

《Aが、屋外から女子風呂をスマートフォンで動画盗撮。当該場所は洗濯場の近くの茂み。B・C・Dは、洗濯場の外で話をしていたところ、当該茂みがガサガサと音がしたことによりAの存在に気付く。

Aは、動画盗撮を継続。B、C、Dは、その場で覗き行為。その後、Aは、筋トレ目的のためその場を離れる。B、C、Dは、その場に留まる。

Cは自身のスマートフォンで動画盗撮を継続。

当該4名は、盗撮終了後の当日夜に4名内のLINEのグループを作成。夜23時過ぎから撮影した動画を当該LINEグループ内で共有》(議事録より)
出典:週刊文春デジタル

かなり詳細に風呂場の盗撮に関しては判明していて大学側もこの不祥事を把握していたようです。

しかし、慶應と異なりこの不祥事は公表されておらず内々に大学内で処理されていたようです。

立教大学のアメフト部は歴史と伝統のある強豪校でOBにも優秀な人材が多く大学に携わる人々は衝撃を受けています。

週刊文春では主犯格としてAという人物を取り上げております。

リーダー的な存在のAとは誰で名前は判明しているのでしょうか。

Aの特徴を週刊文春ではこのように報道しております。

・ディフェンスに定評がある
・系列の付属高校から進学
・アメフト部の幹部を務めた
・すでに退部となっている

い所の情報があります。

立教大学の系列の高校は「立教新座高等学校」「立教池袋高等学校」です。
他にも系列の高校はありますが女子高などで今回の主犯格の人物像とは一致しません。

上記の付属高校のどちらかの出身のようですが報道などでは具体的な名前や誰なのかなどの詳細な部分までは判明しておりません。

こちらも具体的な氏名や実名が公表されれば追って記載していきたいと思います。

【週刊文春】火災報知器型カメラで動画撮影か?

今回の週刊文春の報道では盗撮は火災報知器型のカメラを購入して行われたとのことで悪質性が指摘されております。

天井に取り付けて動画の撮影をしていたと考えられます。

動画は立教大学アメフト部内でファイルの交換などもされていたようです。

女子マネージャーの風呂場を盗撮したというニュースは名門大学の名声を傷つけるもので許せないという卒業生の意見もあります。

動画のファイルは消去したと言っても簡単にコピーできるのでどこかから流出してしまうのではないかという不安も女子マネには残るでしょう。

アメリカンフットボール部の不祥事は日本大学、慶応大学と続き今回は立教大学まで判明いたしました。

アメフト自体がバイアスのかかった目で見られるようなことがないように綱紀粛正が大学スポーツに求められます。

今回の事件では大学側が公開していないということで隠蔽しようとしていたのではないかとの疑惑も沸き起こっております。

慶大と立教という名門校での盗撮事件に世間は驚くばかりです。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

またアメフト部か…

火災報知器型とは悪質

毎年やっていたのでは?

学部長会の議事録は非公開で隠蔽工作なのか?

大学の最高峰の意思決定機関である学部長会でこのアメフト部の盗撮の件は議論されておりました。

盗撮の行為はアメフト部員によって機械が発見されて露呈したということも記録されております。

部員がその後コーチに知らせて大学関係者全体が知ることとなりました。

しかし、一度はこのような行為を隠蔽しようともしていたと週刊文春は報道しております。

通常なら犯罪行為で警察がでてきて実名報道もされる可能性もあります。

このような大学側の対応はイメージ低下を避けたい思いがあるのではないのかというネット上の指摘を完全に否定はできないのではないのでしょうか。

立教ラッシャーズの今後は大学側の判断にゆだねられております。

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です