柴田光樹被告(陸上自衛隊2等陸曹)が逮捕起訴!Facebook(SNS)顔写真と自宅住所や経歴は?

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

国を守るべき自衛隊員が放火の罪で起訴されました。

その自衛隊員は柴田光樹被告30歳で、秋田市広面の自分の宿舎に灯油をまいて火をつけたということです。

けが人等はいなかったようですが、国家の安全を任せている自衛隊の規律の乱れが心配されます。

今回はこちらの秋田の自衛隊宿舎放火事件についてとりあげようと思います。

柴田光樹被告(陸上自衛隊2等陸曹)が逮捕起訴!

秋田テレビでは今回の事件を以下のように報道しています。

自分の部屋に灯油をまいて火をつけたとして、放火の罪で起訴された自衛官について陸上自衛隊は23日、秋田駐屯地に勤務する自衛官の男を懲戒免職処分とした。

 懲戒免職となったのは、陸上自衛隊秋田駐屯地第21普通科連隊の2等陸曹 柴田光樹被告(30)。柴田被告は2019年5月、秋田市広面にある自衛隊の官舎で自分の部屋に灯油をまいてライターで火をつけ全焼させたとして、現住建造物等放火の罪で逮捕・起訴された。

 柴田被告は「自分で火をつけた」と容疑を認めている。

 第21普通科連隊の荒巻謙 連隊長は「国民のみなさまの信頼を損なうことであり誠に遺憾。今後とも服務指導を徹底したい」とコメントしている。
 
 事件は、今後 裁判員裁判で審理される。
出典:秋田テレビ

柴田光樹被告は自分の部屋に灯油をまいて全焼させています。

自衛隊という命のかかる仕事なのでストレスがかかるのは理解できますが、放火なんてことをしてはいけないと思います。

こちらの事件は重大な事件として、裁判員裁判で今後裁かれていくことになります。

Facebook(SNS)顔写真や自宅住所と経歴は?

Facebookを検索してみましたが柴田光樹被告と同じ名前が複数出てきました。

しかし、どのアカウントも柴田被告と断定できるような情報はありませんでした。

顔写真や詳しい経歴なども今のところ判明していません。

こちらも新しい情報が入り次第追記していこうと思います。

柴田被告の自宅住所は報道にあるように秋田市広面にある自衛隊の官舎です。

裁判の中で今回の放火の動機や真相が判明することを願うばかりです。

ネットの反応

秋田の駐屯地での放火の事件を受けて世論の反応がありました。

掲示板などの意見をいくつかご紹介したいと思います。

犠牲者がなくて良かったが動機を明らかにしてほしい。

最近は自衛官の不祥事多い。もう少し自衛官年しての自覚をしてほしい

なんでそんなことを。30歳で2曹なら優秀なはず。
なにかあったのだろうか?

こいつ何がしたかったの?

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です