結城世成容疑者=シャンパン王子を詐欺で逮捕!仙台の飲食店名はどこ?

シャンパン王子と呼ばれる男が持続化給付金をだまし取ったとして逮捕されました。

逮捕されたのは結城世成容疑者で夜の六本木などのではシャンパン王子と呼ばれておりました。

結城世成容疑者が夜に派手に使っていた金銭は持続化給付金が源泉だった可能性があるようです。

ネット上ではシャンパン王子の逮捕に大きな反響があるようです。

コロナ禍で本当に報われない人がいる中で、湯水のようにだまし取ったお金で贅沢三昧。厳罰を受け反省してほしいです。

詐欺で金を得ることは「稼ぐ」とは言いません。このコロナで生き死にのかかった方を助けるための給付金を食い物にするなど言語道断です。

今回はシャンパン王子と呼ばれている結城世成容疑者の逮捕に関しての話題です。

結城世成容疑者を詐欺で逮捕

シャンパン王子と呼ばれて夜の世界では一部で有名だった結城世成容疑者が逮捕されました。

新型コロナウイルス対策の「持続化給付金」制度を悪用し、現金100万円をだまし取った詐欺容疑で1月20日に逮捕された飲食店経営・結城世成容疑者(23)

「結城容疑者は、虚偽の事業内容や収入の情報で持続化給付金が受け取れる申請方法の手口を、田村龍斗被告(21、詐欺罪で起訴)ら“指示役”にSNSなどを通じて指導。

驚くべきは、結城容疑者の先に実行犯が約300人もいたとみられること。被害総額は3億円以上。

実行役には主に学生らを選んでいて、報酬は数万円渡すだけ。だまし取った金の8割は結城容疑者が受け取り、残りを田村被告ら指示役に分配していました」

出典:文春オンライン

結城世成容疑者は23歳という年齢で3億円もの金額を詐欺で手にしておりました。

その金額は驚くべきものですが手配した人間の合計人数は300人以上とも言われます。

どのようにしたらそのような詐欺の組織を組めるのか不思議だなどの意見もあるようです。

実行役には大学生などを選んでいたようで報酬は数万円だったということです。

知識のあまりない大学生を選んで実行役にしていたということです。

仙台の飲食店名はどこ?

結城世成容疑者は出身が宮城県で仙台市で飲食店を経営していたということです。

その仙台の飲食店はどこにあるのでしょうか。

さらに店名は特定できているのでしょうか。

どうやら仙台市内の文化横丁で飲食店を経営していたようですが現在は閉鎖され店名などは今のところわかっておりません。

シャンパン王子

結城世成容疑者はシャンパン王子といわれていました。

お酒に相当強かったということでシャンパンの一気飲みなどをして遊んでいたようです。

ベルエポックというシャンパンがお気に入りだったようですベルエ王子とも言われていたようです。

高級シャンパンを飲み明かしていたのは持続化給付金のお金だったということで批判が巻き起こっております。

SNS

TwitterなどのSNSでは結城世成容疑者の逮捕に関して多くのコメントが返されております。

3億円という途方もない金額を詐欺で短期間で稼いだのですがあっけなく逮捕されました。

この金額のお金は返済することは不可能でしょう。

刑務所に服役することになると思いますが出所してから返済などできるのでしょうか。・

末端まで全てを明らかにし、全員に然るべき罰を与えなければなりません。
今後似たような考えを持つ輩をうまないためにも。

詐欺行為で3億円か~
サラリーマンの平均的な生涯収入を超えてるね~。

困っている人が速やかに給付が受けられるように、支給要件、審査が緩和されている。性善説に立っているわけである。

国や地方自治体もこの中国発の疫病のためにかなり支出をしたし、今後、いつまでとも知れず、税収が落ち込むのは確実。
先日、郵便受けに市の新聞が入っていた。このままだと数年後に財政再生団体に転落する可能性もと書いてあった。

違法行為、不法行為で金を稼ぐのは簡単だろうよ。 適法の中、コンプライアンス遵守してお金を稼ぐのはたいへんだが、長期的にはそれが安定して信頼や信用を得る事ができる。それに正しく納税すれば社会人として満点でございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です