宅八郎が死去!死因は脳出血の病気で結婚は?

おたく評論家の宅八郎さんが死去していたことが判明いたしました。

享年57歳ということで早すぎる訃報に宅さんの関係者は衝撃を受けているようです。

Twitter上でもオタク文化の第一人者の死去に驚きのコメントがたくさん書き込まれております。

いまや市民権を獲得してまったもんな。
ある意味、先見の明があった。
ただ「早すぎたんだ、腐ってやがる」だった。
タイミングが少し後にずれてたら、ずっと一線で活動できたかもしれない。

ある意味、一世を風靡した方。
変わった方の印象があった。
まだ若いですね。
ご冥福をお祈りします。

現在はほとんどメディアの前面には出てこない宅さんですが一世を風靡したと言っても過言ではない活躍でした。

そんな宅八郎さんの死去に関して取り上げます。

宅八郎が死去

宅八郎さんの死去は下記のように速報されております。

おたく評論家やコラムニストとして幅広く活動した宅八郎さん(本名・矢野守啓)が8月11日に都内の病院で脳出血のため死去していたことが4日、分かった。57歳だった。親族が明らかにした。

親族によると、5月に都内の自宅で倒れ、病院に搬送された。小脳からの出血で、当初は意識はあったという。その後、別の病院に転院したが、意識不明の状態が続き、8月11日深夜に亡くなった。

音楽に詳しい宅さんは最近では、2017年に亡くなった作曲家・中西俊夫さんの作品について論評したり、追悼イベントに参加していた。インターネットが急速に広がる中、「情報がタダで手に入る時代になり、昔と違って、活字の本が売れなくなった」などと嘆いていたという。

宅さんは静岡県浜松市生まれ。法政大在学時は漫画研究会に所属した。1986年、CM制作会社に入社後は白元の「ダニ殺し」のCMを手がけた。

その後、退社し、フリーライターに。おたく文化への注目が集まる中、90年から「宅八郎」を名乗り、トレードマークのマジックハンドを持ち、長髪という独特の風貌で活躍。出版社などを舞台にした騒動もあったが、鋭く精緻な論評は好評だった。

出典:スポーツ報知

法政大学の出身で広告の世界に大学卒業後は勤務していました。

おたく文化はその当時は奇異の目で見られることも多く差別的な事もあったようです。

宅八郎さんの死亡はおたくの関係者にショックを与えております。

死因は脳出血の病気

宅八郎さんの死因は脳出血の病気と伝えられております。

発症した当時は意識などはあったということですがその後容態が悪化し死去したということです。

おたく文化の第一線で活躍していた人物の訃報に往年の関係者は衝撃を受けているようです。

結婚は?

宅八郎さんの死去は多くの方の関心を引いているようです。

結婚をしていたのかなどに関しても注目が集まっているようです。

宅さんは結婚などはしていたのでしょうか。

様々な情報ソースから見ると宅八郎さんは結婚はしていなかったようです。

お子さんもいないようで独身だったとのことのようです。

SNSでの反応

TwitterでのSNSでの宅八郎さんの死去への反応は残念だなどのコメントが多いようです。

時代を先取りしすぎたとのコメントもあります。

それにしても50代での死去はあまりにも早すぎます。

びっくりしました。57歳とはまだ若いです。
とてもユニークな方でした。ご冥福をお祈りいたします。

いまは若い子がオタクをエンジョイしているのは当たり前だけど、氏の活躍した頃の風当たりは凄かった。
彼だけでなく実社会に於いてもオタクを見る目は犯罪者を見る目と動画と言っても過言ではなかった。
いまオタクを自認する若い子に宅八郎氏を知っているか聞いたら、知らないとのことだった。
隔世の感でした。

宅はマジックハンドより森高のフィギュアの方が印象強い。
今思えば、夫の江口は宅さんを超良くした感じの人なのに、森高は宅には絶対会いたくないって言っていたなぁ。
ご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です