木下雅史=鳥取湖山小学校教諭のSNS顔写真(画像)と自宅住所特定か?

鳥取県の小学校の教諭が10代の女性に不適切な行為をしたとして逮捕された事件がありました。

湖山小学校の教師の木下雅史被告で34歳ということですが学校を懲戒免職となりました。

木下雅史被告は反省の弁を述べているとのことですが少女やその家族の受けた苦しみは一生癒えることはないでしょう。

Twitterなどでも木下被告への厳しいコメントがたくさんあります。

毎度毎度『ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で知り合った』というキーワードが必ずでる。

具体的にどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を使って知り合ったのか書くべきだ。
その温床となってるSNSがわかれば徹底的に監視されるので加害者、被害者ともに警戒するはずだ。

起業のセクハラ、パワハラ防止講習(1年に一度あるよ)
の様に、教員にはこういったことはしてはいけないという講習とかないのだろうか。

ないんだろうな。

本日は、鳥取県の教諭の木下雅史被告の懲戒免職などに関しての話題です。

木下雅史=鳥取湖山小学校教諭が懲戒免職

鳥取県の湖山小学校教諭、木下雅史被告の懲戒免職の処分に関しては読売新聞などが下記のように報じております。

鳥取県教委は21日、10歳代の少女に不適切な行為をした疑いで逮捕された鳥取市立湖山小教諭、木下雅史被告(34)を懲戒免職にした。

発表では、木下被告は7月30日午後11時頃、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で知り合った県内に住む少女に、鳥取市内の駐車場にとめた車内で不適当な行為を加えた。

県教委の聞き取りに「とんでもないことをしてしまった」と事実を認めたうえで「少女と家族、学校にたくさん迷惑をかけてしまった」と謝罪したという。

出典:読売新聞

木下雅史被告は被害者などに対しての謝罪の言葉や反省の弁を述べているようです。

鳥取県の教育委員会は木下被告を懲戒免職の処分としましたが妥当との意見が多いようです。

学校の先生の犯罪が後を絶ちませんがまた教職員に復活するのではなどの心配の声もあります。

SNS顔写真(画像)

木下雅史被告のFacebookやTwitterさらにはインスタでの顔写真などはあるのでしょうか。

画像を木下被告の名前で探してみました。

しかし同姓同名のアカウントがたくさんありどれが今回懲戒免職となった木下被告のものかわかりませんでした。

自宅住所特定か?

木下雅史被告の自宅住所はどこなのでしょうか。

報道でも詳細な木下被告の住所は報じられてはいないようです。

勤務先の湖山小学校からそれほど離れてはいない場所に住んでいると推測はできますが詳しい自宅住所は特定されておりません。

ネットの反応

木下雅史被告への批判はネット上でもTwitterを中心に広がっております。

SNSでの注目点は懲戒免職となっても教師として他の地域で勤務ができるのではなどの点のようです。

現在法改正を含め政府内で検討がなされている論点でもありますので注目が高いようです。

なぜ小学校の先生がこのような事件で頻繁に逮捕などされるのでしょうか。

この先日本の教育は大丈夫なのかなどの意見もあります。

先生に関わらず、こんな事は普通しない。
懲戒で二度と、できれば女性と接点が少ない所にいて欲しい。

この手の事件はだいたいSNS。公益性を考えるなら記事にする際に、こいつの手口がどうだったのか、どのSNSを使ったのかまで書かないと再発や警戒啓蒙にはならないと思う。
懲戒免職は当たり前だけど、教員免許は失効できたんだろうか。

何とひどい話、多くの教師は真面目に働いている。

いつの時代もこういう方は一定数いるから、子供たちにまず気をつけるように言うしかない。
子供には大人は信頼はしても信用しないように言ってある。何かあってからでは遅い。自衛策として。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です