井田莉歩容疑者を逮捕!facebook顔写真と動機は?インスタ

生後2か月の自分の長男に血液を入れて嘔吐させたとして23歳の母親が逮捕されました。

この母親の名前は井田莉歩容疑者で大阪府住之江に自宅住所のある女です。

自分の生後間もない赤ちゃんに何者かの血液を口に入れるという今までに聞いたことのない事件にTwitterなどでは騒然としております。

なんでまたよりにもよって血を飲ませるなんて考え付いたんだろうか。

意味がわからない…

井田莉歩容疑者の行動は多くのツイートにもあるように意味が分かりません。

何らかの精神的な病におかされていた可能性もあるようです。

今回はこの逮捕された井田容疑者に関しての話題です。

井田莉歩容疑者を逮捕

大坂府の事件で逮捕された井田莉歩容疑者に関しては日経新聞が下記のように報じております。

大阪市内の病院で生後2カ月の長男の口に何者かの血液を入れて嘔吐(おうと)させたとして、大阪府警捜査1課は8日、アルバイトの井田莉歩容疑者(23)=同市住之江区新北島7=を傷害容疑で逮捕したと発表した。同課によると、井田容疑者は「血液を注入するようなことはしていない」と否認している。

捜査1課によると、井田容疑者は長男が入院していた1~3月、20回以上にわたって「息子が血を吐いた」と看護師に申告していた。長男は命に別条はないという。

捜査1課は井田容疑者が血液を投入したと判断した。子どもを傷つけるなどして自分に関心を向けようとする「代理ミュンヒハウゼン症候群」の疑いもあるとみて、経緯を調べる。

出典:日本経済新聞

井田莉歩容疑者は23歳で職業はアルバイトということですが自分自身の子供におこなった行為としては前代未聞の行為です。

赤ちゃんに大事がなくてよかったのですがこの先の子育てなどはどのようになっていくのでしょうか。

このような行為から自分に関心を向けさせるような病気なのではという報道もありますがまだそのような確定診断は無いようです。

容疑を井田容疑者は現在のところ否定しているということですが大阪府警が逮捕に踏み切ったということは何らかの確証があってのことだと思われます。

facebook顔写真

井田莉歩容疑者のFacebook顔写真などは存在するのでしょうか。

Facebookでの氏名検索では井田容疑者の名前のアカウントはヒットしませんでした。

Twitterなどでも今回の大坂の事件の逮捕された母親と思われるようなアカウントな無いのでSNSは使用していなかった可能性もあります。

今後井田容疑者の起訴されるなどして顔画像など報じられた時にはこちらのページにもアップデートして掲載したいと思います。

動機は

井田莉歩容疑者の今回の逮捕されたような行動の動機は何だったのでしょうか。

一部の報道では「代理ミュンヒハウゼン症候群」ではないのかなどの記事もあります。

あるいはSNS上では宗教的なものなのではなどの推測もありますが現在大阪府警が慎重に捜査をしております。

ツイッターの反応

井田莉歩容疑者に対するTwitterのコメントは概ね意味が解らないなどの意見です。

今までに想像もできなかったような行為を自分の赤ちゃんにしたということでネット上も騒然としているようです。

長男の今後を心配する声も多いようです。

多くの書き込みがありますが一部分を掲載したいと思います。

何がしたかったのか意味不明ですねこの親は。
子供をドラキュラにするのが夢だったのか。よく分からないです。

何をしたかったのかわからん( ̄▽ ̄;)

代理ミュンヒハウゼン症候群でしょうかね。

病気の子供を献身的に看病するお母さんを演じたくて、無理やり子供を病気にさせるとかいう、何とかいう精神的な病?
大事に至る前に発覚した事は、不幸中の幸い。

インスタ画像

インスタでは井田容疑者の名前のローマ字が一致するアカウントがありました。

しかし、このアカウントは非公開になっており、さらに今回の事件の犯人のものとは断定できません。

井田容疑者の顔画像などは起訴されるなど事件に動きがあったときに報じられる可能性が高そうです。

代理ミュンヒハウゼン症候群

井田莉歩容疑者は代理ミュンヒハウゼン症候群なのではという報道もあります。

代理ミュンヒハウゼン症候群とはどのような病気なのでしょうか。

傷害の対象が自分自身ではなく何か代理のものであるような精神疾患である。

多くの場合、傷害対象は自らの子や要介護者である。しかしながら傷害行為自体は患者の目的ではなく、手段として行為に及び自分に周囲の関心を引き寄せることで、自らの精神的満足を他者から得ようとしているものである(共依存)。

引用:wikipedia

他者を傷つける行為で自分自身に関心を持ってもらおうという精神的な疾患ということで今後のこの長男はどのように育てられることになるのか心配する声もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です