神近義邦死去|死因の病気,病名は?現在までと息子は

ハウステンボスの創業者の神近義邦氏が死去いたしました。

享年78ということで、佐世保市内の病院での訃報となりました。

神近義邦氏が創業したハウステンボスですがバブル崩壊後には苦しい経営となりました。

波乱万丈な人生だった神近氏の訃報に関して今回は取り上げます。

神近義邦氏が死去

神近義邦氏の死去は西日本新聞などが下記のように報道しております。

長崎県佐世保市の大型リゾート施設ハウステンボス(HTB)創業者の神近義邦(かみちか・よしくに)さんが5日午前7時49分、病気のため、佐世保市の医院で死去した。78歳。

長崎県西海市出身。通夜は5日午後5時から、葬儀・告別式は6日午前11時から、佐世保市早岐1の1の25、早岐メモリードホールで。喪主は次男公孝(きみたか)さん。

出典:西日本新聞

神近義邦氏は長崎県のリゾート施設として有名なハウステンボスの創業者です。

もともとは町役場などに勤務しておりましたが後に観光果樹園を開業します。

その後規模を大きくしながら1992年に2千億円以上の投資をしてハウステンボスを建設します。

2003年にはバブル崩壊後の不景気から会社更生法の申請をするなどし再生を図ります。

ちなみにハウステンボスの経営からは2000年に退いております。

死因の病気,病名は?

神近義邦氏は佐世保市内の病院で死去したということです。

病気での訃報となったと報じられておりますが病名は何だったのでしょうか。

病気の名前などは公表されておりませんが年齢が78歳ということもあり何らかの持病などがあってもおかしくありません。

現在までと息子は

神近義邦氏の現在までの経歴は下記のようになります。

旧長崎県西彼町役場職員や同県職員などを経て、西彼町に観光果樹園を建設。1980年に果樹園の敷地を利用して動植物公園「長崎バイオパーク」を開園。83年には近くに「長崎オランダ村」をオープンさせた。

92年に長崎県佐世保市の大村湾に面した工業団地用地152ヘクタールを買収し、HTBを開業して社長に就任。約2200億円を投じ、園内に運河が流れるオランダの街並みを再現。ホテルや美術館などを整備した。

開業から2年半余りで入場者数1千万人を突破するなど、九州を代表するテーマパークとなったが、バブル崩壊後の景気低迷の影響で入場者は次第に減少。ばく大な初期投資から多額の負債も抱え、2000年に社長を退任した。HTBは03年に会社更生法の適用を申請した。

 経営の第一線から退いていた16年には、長崎オランダ村跡地に整備された交流施設「ポートホールン長崎」の運営会社会長に就任したが、経営は振るわず、半年ほどで退任した。

息子に関しても注目が集まっているようです。

しかし、長男に関しての情報はありませんでした。

喪主は次男の公孝さんがつとめるということですが子供の情報に関してはネット上にはほとんどありませんでした。

ネットの反応

神近義邦氏の死去に関してはネット上でもいろいろなコメントがあります。

今のハウステンボスも好きですが、最初のころののんびりとした街並みを楽しむハウステンボスも好きでした。

尊敬する方だったのですが…。ご冥福を心からお祈り申し上げます。

ご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です