ススキノ感染店名のリストの店舗は?流出したお店の名前一覧は

保健所の内部資料が流出したと北海道新聞が報じております。

ススキノの新型コロナウイルス感染者の発生した店舗名が書かれたリストが外部に漏れたということですが現在確認はできるのでしょうか。

Twitterなどでもどの店がコロナ感染の店舗なのかなどの話題でもちきりです。

内部告発でしょうか?
こんなことしなくて、最初からお店の名前は公表しないと感染拡大防げませんからね。。

情報の流出は問題ですが今回のこの件に限って言うと感染者が出た店名を公開しても良いと思います。

ススキノ感染店名のリストの店舗は

ススキノの新型コロナウイルス感染者の出たリストが流出しました。

店舗名が書かれた内部資料ということですが北海道新聞が下記のように報じております。

札幌市保健所が作成している、新型コロナウイルス感染者が従業員や客に出るなどした中央区・ススキノ地区の飲食店の店舗名リストが、外部に流出していることが6日、分かった。

リストは接待を伴う27飲食店の店舗名が記された内部資料。市幹部は流出の事実を認め、市が経緯を調べている。

流出したリストは7月27日付で、店名と業態、住所や注意観察が必要な期間が記載されている。情報の分量はA4判用紙3枚分で、流出した最初の情報が電子データか紙の形かなど、詳しい状況は不明だ。

また、ハートマークの数で感染リスクの高さを「注意レベル」として3段階表示。レベル3「利用客及び従業員から陽性者が発生した店舗」に5店を挙げ、「従業員から陽性者発生」などのレベル2に9店、「従業員から陽性者が発生した店舗の系列」などのレベル1に13店を挙げた。

出典:北海道新聞

保健所から流出したススキノのコロナ感染者の出た飲食店は27店舗ということです。

感染者の出た状況で店舗を3段階に分類しておりそれも外部にリストとして流出したということです。

札幌市のススキノのコロナクラスターでは店舗名が公表されておりませんでした。

流出したお店の名前一覧は

ススキノの新型コロナウイルスの感染者の出た店舗の一覧は現在情報収集中です。

リストが流出したということですがネット上にはまだお店の名前の一覧などは出てきていないようです。

TwitterなどSNSからススキノのコロナ感染者の出た店舗名が明らかになる可能性もありますのでそちらも注視していこうと思います。

ネットの反応

感染拡大防止・検査を促進する本気の人の行動だと思う。今回に関しては咎められない。

ススキノの夜の店では感染者が出たのにそれを隠して営業し、
その後2週間の間に600人が感染者と濃厚接種してた事件がありましたよね?

しかもあり得ないことに店舗名を公表しなかったけど、
あの濃厚接触者600人はどうなったのでしょう?

逆に公表した方が気をつけるからいいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です