道仁会幹部と密接交際の50代A氏は誰で名前は?本村賢太郎相模原市長の献金疑惑

デイリー新潮が相模原市長の献金問題を疑惑として報じております。

暴力団密接交際者のA氏から多額の献金を受けていたということで話題になっております。

ネット上でも献金が適法に処理されていれば問題ないのではなどのコメントと反社の関係者からの献金は認められないなど様々なコメントがあります。

国のトップから地方、与党から野党にいたるまでまともな政治家が果たして何人いるのでしょう

大勢から何かもらえば、わからないこともあると思うの。だから、わかった時点で身を潔白にして再スタートです。

本村賢太郎相模原市長の献金疑惑:新潮

本村賢太郎相模原市長の献金問題に関しての疑惑はデイリー新潮が下記のように報道しております。

政治団体「賢翔会」の平成30年分の収支報告書を覗くと、Aという人物が11回に分けて計147万4千円もの献金を行っていた。これが問題だと指摘される理由を相模原市政関係者が解説する。

「A氏は福岡の久留米市と相模原市で建築業を営んでいますが、今年6月、暴力団との関係で当局から排除措置を食らい、公共事業から締め出されているのです。神奈川県内では病院の移転事業や自治体関連の建設工事などで、ブローカー的な立場で設計会社とゼネコンをつないだりしています」

排除されたのは計3社。福岡市の文書にはその実名が列挙され、〈福岡県警察本部から、「役員等が、暴力団構成員と密接な交際又は社会的に非難される関係を有しているとき」に該当する事実があることを確認したとして、令和2年6月19日に通報があった〉と記されている。

6月20日付の西日本新聞は、A氏を50代男性と表現し、こう報じている。〈指定暴力団道仁会幹部と密接交際〉〈男性は「(幹部とは)知人から紹介されて知り合った」と話し、2015~19年に複数回、中元や歳暮を贈っていたという〉

 かような人物が、相模原市長に献金しているわけだ。

出典:デイリー新潮

本村賢太郎相模原市長がこの50代のA氏から献金を受けていたのは事実のようです。

この50代のA氏は指定暴力団の道仁会と密接な関係にあるとすでに西日本新聞などで報じられております。

新潮の報道の中では本村市長はこのA氏が反社との関係のある人物だったということは知らなかったと報じられております。

そして政治献金は適正に処理されているようで一応問題はないとの認識のようです。

道仁会幹部と密接交際の50代A氏は誰で名前は?

この相模原市長の本村賢太郎氏に献金をした50代のA氏とは誰なのでしょうか。

指定暴力団の道仁会との密接交際が報じられている人物ということでネット上でも注目されているようです。

この人物は久留米市に本部がある道仁会と関係があるとだけ報道されておりますが具体的な名前などは報じられておりません。

年齢が50代ということだけが伝えられているのみで顔写真など個人が特定できる情報はまだ出てきておりません。

ネットの反応

国が主導して文句を言わせない中国よりも、日本の政治の透明性は低いと思う。

市長を正義の元糾弾するのは簡単ですが、そう簡単には判断出来ない問題ですね。市長が全て承知の上でのことなら問題ですが、この手の業者は当然献金とか首長にしたがるでしょうし、10万円位を少しずつ献金する相手がいちいちどんな人間か確認するのも難しいんじゃないかな。

いつも思うが、献金をしてはいけないルールにすればいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です