納豆生涯無料は詐欺?パスポート没収(取り上げ)の理由は【令和納豆炎上】

茨城県の令和納豆がクラウドファンディングの際に発行した納豆定食生涯無料パスポートが詐欺なのではなどとネットで炎上しているようです。

2020年5月ころから納豆生涯無料パスポートが没収されたなどとSNS上で投稿がされるようになってきました。

うーん、やっぱり価格設定って難しい

先読みできなかった人がアカン。1万のリターンとして200円で50回提供すれば世間はここまで叩かなかったが十数回程度の利用で無料券取り上げるから炎上する

1日に利用できる納豆生涯無料のパスポートですが令和納豆の見込みよりもたくさんの方が利用して採算が合わなくなってしまったのでしょうか。

納豆の無料パスポートが没収となり詐欺ではないかなどのネットの炎上騒ぎが起きているようです。

納豆生涯無料は詐欺?

納豆生涯無料のパスポートが取り上げ(没収)されたことで詐欺ではないかなどのツイートがあるようです。

ちょうど1年前、茨城県の納豆ご飯専門店「令和納豆」がクラウドファンディングを通して1000万円以上の資金調達に成功した。その立役者は、何といっても1万円以上の支援で配布された「納豆定食生涯無料パスポート」にあるだろう。

しかし先月から、「無料パスが没収された」という旨の苦情がSNS上で炎上し、店舗側がその対応に追われている状況だ。

令和納豆が詐欺行為を働いたかといえば、それはまた別の話になる。事業を開始してから冷静に再考した結果、「1万円で1099人に納豆定食を生涯提供し続けることはそもそも難しい」と気づいたのかもしれない。無料パスによる経営破綻を避けたいがために、一部の顧客から無料パスを没収したことが今回のトラブルにつながってしまった可能性がある。

出典:IT mediaビジネスONLINE

このメディアの筆者はこの納豆生涯無料のビジネスは「HYIP」に近いものなのではと結論付けています。

「HYIP」とは「High Yield Investment Program」の略で通常はありえないような利率での投資を促すようなビジネス手法です。

令和納豆の経営者が最初から詐欺をしようとは思ってない無かったと思いますし納豆生涯無料のパスポートの没収=取り上げがどのような規定に沿ってなされたのかの個別の詳細な情報はありません。

しかし、納豆生涯無料と感じてパスポートを購入した方からすれば没収されれば詐欺にあったと感じてしまっているようです。

パスポート没収(取り上げ)の理由は

納豆生涯無料のパスポートを没収されたとTwitterなどに書きこんでいる方の取り上げられた理由は何だったのでしょうか。

Twitterにはある日突然店員から納豆生涯無料パスポートを取り上げられたとの書き込みしかありません。

具体的な没収の理由や原因は現時点では不明です。

このような没収のされかたをされたので詐欺などの書き込みで炎上しているような感じですが令和納豆のいい分はどのようなものなのでしょうか。

令和納豆の社長

令和納豆の社長は宮下裕任氏です。

宮下裕任社長は水戸市出身で茨城大学大学院出身ということです。

その後NTTなどで勤務した後2018年に株式会社納豆を設立し起業しております。

理系で利回りの簡単な計算などはできたであろう宮下社長の企業がこのような炎上トラブルを起こしているのか不思議だなどの書き込みもあります。

炎上のネットの反応

令和納豆の納豆生涯無料のパスポートが詐欺だなどとして炎上している件は多くのコメントもあります。

パスポートの没収が本当はどのような事情によるものなのか詳細がまだよくわかりませんのでネットの情報などはうのみにしないほうがいいようです。

生涯無料という点が非現実的。

試算結果から推測すると「有効期間6カ月」なら1万円食べ放題の設定でも問題なかったと考えられますね。

まぁ没収の仕方が酷いとは思うけど

令和納豆10000円生涯無料パス問題において適正価格は最低50万近くになると計算した記事。
詐欺で立件されても驚かないが東京マラソンの一般参加中止開催で返金なし規定を支持する市民ランナーの方から見れば詐欺で立件されたら整合性のために擁護せざるを得ないだろう

画像引用:令和納豆公式サイト、茨城大学、Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です