SENJU株式会社は安すぎるネット通販詐欺?本社大阪で社長は誰で顔画像特定か

消費者庁が偽の通販サイトの名前を公開しました。

その会社名は「SENJU株式会社」で通販サイトなのですが商品の未着が相次いでおりかなりのクレームになっているようです。

SNSでもSENJU株式会社に関しては炎上状態となっているようです。

公表とかじゃなくて、なんですぐに取り締まれないのだろうか?

みなさん家族や身の回りで注意喚起し、そういった犯罪者へ1円でも渡らないように防ぎましょう。

なぜ取り締まれないのかなどの疑問があるようですが規制や法令の関係ですぐには警察などは動けないようです。

今回は消費者庁が注意を呼び掛けている「SENJU株式会社」に関して取り上げます。

SENJU株式会社は安すぎるネット通販詐欺?消費者庁

「SENJU株式会社」の安すぎるネット通販に関しては朝日新聞がこのように報道しております。

消費者庁によると、「SENJU株式会社」と称する通販サイトで、玩具やアウトドア用品、学習用品などを掲載。

銀行振り込みで代金を前払いさせるが、「注文した商品が届かない」といった相談が昨年12月以降、各地の消費生活センターに計105件寄せられた。

同庁が調べたところ、同じロゴを使うURLが六つ確認されたが、会社概要などに記された社名は異なり、実在しないか無関係の事業者のものだった。

住所、電話番号も虚偽で、サーバーは海外にあった。

出典:朝日新聞

SENJU株式会社」の通販での支払いは銀行振り込みでの前払いという方法のようです。

これなら商品の配送が後になるので詐欺がしやすい手口とも言えそうです。

サイトで販売されていた商品の値段は通常よりも安い価格でつい引っ掛かってしまったネット通販の利用者もたくさんいたようです。

消費者庁はこのような事実に基づいて今回注意喚起を行いました。

おもちゃやキャンプなどのアウトドア用品などをネット通販していたということですが詐欺にあってしまった消費者は落胆したことでしょう。

日本国内ではそのような偽サイトのようなものはあまりなく信頼性が高いネットショップが多いからです。

本社大阪?

今回安すぎるネット通販詐欺として消費者庁が名前を挙げている「SENJU株式会社」ですが本社はどこなのでしょうか。

調べてみると「大坂」も文字が出てきますのでもしかすると関西が本社機能のあるヘッドクオーターなのかもしれないと思い調べてみました。

しかし、検索結果にヒットしたのは大阪のネット通販ではない会社でした。

まったく同じ企業名の大坂の健全な会社がありました。

このネット通販で称しているサーバーは海外にあるとのことでサイトにある住所もすべて架空のもののようです。

社長は誰で顔画像特定?

この「SENJU株式会社」の社長は誰で顔画像などはあるのでしょうか。

現時点ではこの会社の詳細は判明しておらず消費者庁の情報をもとに自己防衛するしかない状況です。

今後詐欺などの容疑で犯人やこのネット通販の会社の社長が逮捕されるなどすれば誰かという名前などの情報が明らかになると思われます。

まだ「SENJU株式会社」の社長が誰か特定できておりませんので顔画像などもわかっておりません。

早くネット通販詐欺で安すぎる商品を売っていた犯人が逮捕されることを願うのみです。

偽サイトへのネットの反応

ネット通販が普及してかなりの時間がたちますが安すぎる商品は裏があると思っていた方がいいようです。

しかし、人間の性でつい安ければ安い方が魅力的に感じてしまいます。

怪しいネット通販の会社かなと感じたら会社名で一回調べてみることが自分の身を守るための手段かもしれません。

マイナーな商品を検索すると、アマゾンや楽天が表示されない事があり、そういう場合にいかにも怪しいサイトがヒットする。

とても購入する気になれない怪しさなのだが、何と表現すべきか…

大分昔にひっかかった。
こんなのたくさんあるのに、なぜ取り締まりを強化しないのか。

このサイトでは無いけれど、実際のサイトが一時的に乗っ取られて
いて、購入した事があります。
購入後、すぐに気づき、警察に連絡しましたが、海外サイトのため
日本は手が出せないと言われて驚きました。

Amazonでもそうだけど安い値段じゃないと買わない人もいる。
あまりにも常識的に考えられない値段だったらニセモノだったり詐欺を疑ったほうがいい。
顔や相手の背景が見えない買い物はリスクが高いですよ。

何もSENJUに関しての情報がないと思います。

こんなクズ記事を読ませないでほしい!

口コミや評判は

SENJU株式会社口コミ評判はどのような感じだったのでしょうか。

口コミなどに関してはTwitterやヤフー知恵袋などであまりいい評判は以前からなかったようです。

特にヤフー知恵袋には深刻な問題として相談が寄せられておりそれを目にした方も多いようです。

今回消費者庁が会社名を公開して注意を喚起したことで評判や評価でいいものはほぼなくなるでしょう。

ネットを使った犯罪で先に金銭を要求するようなサイトは詐欺と疑ってみるくらいの慎重さが求められているでしょう。

マスクの転売など大手のシステムを使用した詐欺まがいの取引を通常の商取引と言って法外な値段で商品を売りつける商法なども横行しています。

ネット通販での詐欺を防ぐには個々人の弛まないネットリテラシーの向上意欲の昇華が求められていると言っても過言ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です